スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「民主党全体とパイプがある」―菅新政権発足で原中会長(医療介護CBニュース)

 日本医師会の原中勝征会長は6月9日の定例記者会見で、菅新政権の発足を受け、「民主党全体とのパイプがある」と述べ、今後の与党との意思疎通に自信を見せた。原中会長は、鳩山政権下で民主党幹事長を務めた小沢一郎氏と太いパイプがあるとされていたが、小沢氏は首相の交代により幹事長を辞任した。会見で原中氏は「決して一人に偏ったパイプではなかったと思っているし、今後もそのつもりだ。(心配は)ない」と強調した。

 日医がこの日に発表した「菅新総理大臣に期待する」と題する見解では、菅首相が強い経済・財政・社会保障の一体的な実現を目指す意向を示したことを受け、「医療再生を切望するわたしたち日本医師会の方向性と一致する」とし、政策の実現を支援していく姿勢を示した。一方、民主党が昨年夏の衆院選前に公表した「政策集インデックス2009医療政策(詳細版)」で、総医療費対GDP比をOECD加盟国平均まで引き上げると明記されたことに触れ、「今後も医療費の増加が期待される」などとくぎを刺した。

 見解の全文は以下の通り。

 2010年6月4日、菅直人氏が内閣総理大臣に指名され、6月8日、菅新内閣が発足しました。

 菅総理大臣は、厚生大臣であった1996年に、薬害エイズ問題に対し、政治主導で手腕を発揮されましたが、その姿は、社会保障、医療に携わる者にとって記憶に新しいところです。

 また、就任後の記者会見では、政治の役割というのは最小不幸の社会をつくることであるとされ、「強い経済と強い財政と強い社会保障を一体として実現をする」と仰いました。
 まさに、強い財政に裏打ちされた社会保障政策の下で、医療再生を切望するわたしたち日本医師会の方向性と一致するものであり、政策の実現にむけ、日本医師会としてもしっかりと支援していきたいと考えます。

 さて、民主党を中心とする連立政権発足後の政策を振り返ると、社会保障費抑制政策の撤廃、診療報酬の引き上げなどを着実に実行されてきました。また、先の衆議院議員選挙の公約において、民主党は総医療費対GDP比をOECD加盟国平均にまで引き上げることを明言されており、今後も医療費の増加が期待されるところです。

 しかし一方で、前内閣では、混合診療の原則解禁、医療ツーリズムなどの検討が進み、公的医療費ではなく、私的医療費を引き上げることで、OECD加盟国平均なみの医療費を目指しているのではないかとの疑念も生じました。
 日本医師会は、国民皆保険の下、公的医療保険を堅持し、さらに拡充することを第一義と考えます。私的医療費を拡大し、公的医療費支出を抑制するようなことになれば、所得によって受けられる医療に格差が生じかねません。

 菅総理大臣は、「社会保障の多くの分野は、経済を成長させる分野でもある」と仰いました。わたしたち日本医師会も、医療、介護は、雇用を創出し経済成長を実現する有力な分野であると認識しており、その成果を強い公的社会保障給付として還元していくべきと考えます。
 ただそのときに、行き過ぎた市場原理主義、競争政策によって弱者が切り捨てられることは、決して認められません。現在、新成長戦略のとりまとめが行われておりますが、庶民派総理ともいわれる菅総理大臣には、ぜひとも、庶民の気持ちをおもんぱかっていただき、すべての国民にやさしい社会保障、医療を守っていただくことを切望します。


【関連記事】
鳩山首相辞意表明「非常に残念」―日医が見解
在宅サービスの充実を強調―再任会見で長妻厚労相
「財政の立て直しで役割果たす」-野田佳彦財務相
「皆さんが政策形成に力を発揮できる仕組みを」-民主党・枝野幹事長
安心な社会保障「実現の方向性示したい」―民主・菅代表

シーシェパード元船長公判 きょう、論告求刑(産経新聞)
<工業団地汚職>愛知県幸田町の元町議に懲役2年6月求刑(毎日新聞)
衆院は菅氏を首相指名 社民は福島氏に投票(産経新聞)
海自 護衛艦「ゆうぎり」のトイレで隊員死亡(毎日新聞)
荒井戦略相 コミック、CDなどの領収書 事務所費問題(毎日新聞)
スポンサーサイト

不正流用 ローソン子会社の元専務ら逮捕へ…特別背任容疑(毎日新聞)

 コンビニ大手・ローソンのチケット販売子会社「ローソンエンターメディア」(LEM、東京都品川区)の元専務(38)らによる資金不正流用問題で、東京地検特捜部は1日、元専務と取引先の企画会社「プレジール」(港区)の元社長について、会社法違反(特別背任)容疑で逮捕状を請求した模様だ。同日午後にも逮捕するとみられる。損害額は110億円を超える疑いがあり、特捜部は資金の流れの解明を進める。

 ローソンの調査によると、元専務らは07年9月、販売したチケットの代金が興行主に支払われるまでの間、LEM社内に2~6カ月間プールされることを利用して資金運用を行い利益を得ようと画策。プ社に支払いを仲介させ、プール期間中に運用を始めた。

 しかし、投資の失敗などにより08年10月ごろからプ社から興行主への支払いが滞り、元専務は計約23億円をLEMからプ社に支出。09年10~12月にも約46億円を支払うなど、取締役会の決議を経ないまま独断で不正な支出を繰り返したという。

 一連の不正流用にはプ社の別の元幹部も関与していたとされ、特捜部はこの元幹部からも事情を聴く方針。

 元専務は「興行主に支払う協賛金をプ社と分担することで経費が節減できる」とLEMに説明する一方、プ社による投資については報告していなかった。不正発覚後は「最終的に残った資金を3人で分け合うつもりだった」と説明し、プ社側から約9000万円を受領して住宅ローンの返済などに充てたことも認めたとされる。

 不正流用を巡ってはLEMが3月、元専務らに対する特別背任容疑での告訴状を特捜部に提出。5月には約144億円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。

【関連ニュース】
<関連記事>ローソン子会社:元専務ら捜査へ 特別背任容疑で東京地検
<関連記事>ローソン:子会社が元専務らに144億円の損賠求め提訴
<関連記事>ローソンエンターメディア:ローソン子会社、元専務らを提訴 「不正な資金流用」

ため池遺体は36歳男性=全身にあざ、事件の可能性―三重県警(時事通信)
無言電話1000回超=損保会社に、容疑で50歳男逮捕―警視庁(時事通信)
メガネなしで3D体感 「技研公開2010」(産経新聞)
SSのリンゴ砲攻撃に竹の棒で応戦?!負傷した捕鯨船団の乗組員が証言 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
衆参議長と会談=中国首相(時事通信)

<京極夏彦さん>新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)

 講談社は20日、15日に発売された京極夏彦さんの小説「死ねばいいのに」を電子書籍化し、米アップルの新型携帯端末「iPad(アイパッド)」など向けに6月上旬から配信すると発表した。同社によると、大手出版社が文芸書の新作を電子配信するのは初めて。

 価格は単行本1785円に対し、アイパッド版は900円(発売開始2週間は700円)。アップルの多機能電話「アイフォーン」版やパソコン版も同価格で、携帯電話向けは1章105円(全6章、第1章は無料)。

 京極さんは「紙の本の発売とほぼ同時にアイパッドが登場することになり、実験台を買って出た」とあいさつ。野間省伸副社長も「新たな手段で作品を読めるチャンネルが増える」と、出版市場の活性化に期待を示した。同社は近く、五木寛之さんの小説「親鸞」を、秋には京極さんの次作を電子書籍化する予定。

【関連ニュース】
新刊 『冥談』=京極夏彦・著
文学・評論 『いまをどう生きるのか』=五木寛之、松原泰道・著
講談社 : 京極夏彦さんの新刊「死ねばいいのに」をiPadで発売 「実験台を買って出た」と

<福岡県議会>議長に全国初の女性(毎日新聞)
<展覧会>「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)
「現状は戦争局面」と北朝鮮 韓国の「報復」あれば危ない(J-CASTニュース)
空中戦、どぶ板選挙を粉砕 橋下新党初勝利の衝撃(産経新聞)
高級バイオリン、安物とすり替え…葉加瀬さん母校(読売新聞)

巨大温度計 最高気温45度までOK 埼玉・熊谷に設置(毎日新聞)

 07年8月16日に40.9度の日本最高気温を記録した埼玉県熊谷市に15日、高さ5メートルの巨大温度計が登場した。「なおざね商店街」が4年前から夏場、八木橋百貨店正面に設置している。これまで7月に取り付けていたが、「5月中にも暑い日は多い」との声が寄せられ、2カ月前倒しした。

 目盛りは記録を更新できるよう、45度まである。暑さを売りにする市の事業名「あついぞ! 熊谷」のコピーと、シンボルキャラクター「あつべえ」が添えられている。

 百貨店の店員が近くで測定し、巨大温度計の目盛りを1日3回、動かす。商店街の滝沢寧和会長(64)は「温度計を見て熱中症に注意し、暑い夏を元気に乗り切ってほしい」と話している。【清水隆明】

消費税上げに反対=社民・福島氏(時事通信)
脳細胞死滅を抑える酵素判明=神経疾患治療に期待-秋田大など(時事通信)
全裸状態の女性の遺体を鶴見川で発見、死体遺棄事件として捜査/神奈川県警(カナロコ)
<ラベンダー>気品高く咲き競う--有田で見ごろ(毎日新聞)
内閣支持続落、19%=時事世論調査(時事通信)

<ネアンデルタール人>ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析(毎日新聞)

 ヒトと、ヒトに最も近い種で絶滅したネアンデルタール人のゲノム(全遺伝情報)を独米などの研究チームが比較した結果、過去に一部が混血し、ヒトにもネアンデルタール人に由来する遺伝子が残っている可能性があることが分かった。チームが7日発行の米科学誌サイエンスに発表した。【斎藤広子】

【関連記事】新種の人類:4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明

 独マックスプランク進化人類学研究所などの研究チームは、クロアチアで出土した約3万8000年前のネアンデルタール人3体の骨の化石の細胞核からDNAを取り出し、ゲノムを解析。アフリカ南部▽同西部▽パプアニューギニア▽中国▽フランスのヒト5人のゲノムと比較した。その結果、アフリカ人を除く3人の方がネアンデルタール人のゲノムと一致する率がわずかに高かった。チームは、アフリカで誕生したヒトの一部が8万年前以降にアフリカを離れた後、ユーラシア大陸に広がる前に中東近辺でネアンデルタール人と混血した可能性があると指摘。「ヒトの遺伝子の1~4%はネアンデルタール人に由来している可能性がある」と推測している。

 これまでヒトの細胞内のミトコンドリアDNAの分析などから、ヒトの祖先はアフリカで15万~20万年前に誕生して以降、絶滅した他種と混血しないまま、ユーラシア大陸を経て全世界に広まったという「アフリカ単一起源説」が主流だった。一方、ネアンデルタール人については、ヒトと共存する時期があったことや、両者の交流を示唆する石器が発見されていることから、混血の可能性も指摘されていた。

 ◇ことば・ネアンデルタール人

 ヒトと共通の祖先から50万年前以降に分かれた、ヒトに最も近い種。出土した化石の研究から、約40万~3万年前にヨーロッパから西アジア一帯にかけて分布したとされる。1856年にドイツのネアンデル谷の洞窟(どうくつ)で初めて骨格の化石が発見された。

【関連ニュース】
<イラストで楽しく解説>類人猿からヒトへ、多くの謎
<今週の本棚>中村桂子・評 『ザ・リンク--ヒトとサルを…』=コリン・タッジ著
<関連記事>なるほドリ:二上山は石器時代「サヌカイト」の供給地だったの? /奈良
<関連記事>デニソワ人 人生いろいろ、人類もいろいろ
<わかりやすく図解>ゴリラを絶滅から守れ

民主党沖縄県連が声明「県内移設は不可能」(読売新聞)
阿久根市懲戒免取り消し判決に異議、署名活動(読売新聞)
<転落死>4歳女児、誤ってホテル6階客室から 姫路(毎日新聞)
<福岡切断遺体>換金の男「時計は拾った」(毎日新聞)
後半戦は5月20日から=事業仕分け(時事通信)
プロフィール

Author:ミスターやすひろたかく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。